宗教美術ランキングへ

2014年11月24日

大随求菩薩 パネルへの下書き ⑵

D81F181E-72F3-4792-A9F5-7A6CC4B06E6C.jpg

F30号のパネルに合わせて、コピーしてきました。

コピー屋さんで、トレーシングペーパーにコピーしてもらうと、位置合わせなどがしやすいです。

AFEC20CD-FD9D-4100-B916-6B09AD671342.jpg

スーパーチャコペーパーを、パネルとコピーの間に挟みます。

このチャコペーパーは、水で消せるので便利です。

各種サイズがありますが、150cm×44cmを使います。2310円です。


48D075E0-2136-41F7-8BC8-D24B6A06C9B3.jpg

チャコを挟みました。

チャコペーパーとコピーの裏表だけは、くれぐれも注意してください。

ちゃんとチャコがつくか確認してから、ずれないようにしっかりマスキングテープで
固定します。

A734DADE-CD8F-40D5-8E22-DAAD4E0DDF70.jpg

赤の0.3ミリのボールペンで、なぞっていきます。

筆圧が強すぎると、紙に傷がついてドーサがとれてしまい、滲む原因になります。

筆圧が弱すぎると、チャコがきれいに写らず、後で筆書きする時に苦労します。


posted by しまねこ at 18:43 | Comment(0) | 制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

応徳涅槃図

BEFA8579-C84E-4A6D-8F73-8C8FCB71FB63.jpg

応徳涅槃図です。

元図は高野山金剛峰寺所蔵で、応徳三年(1086年)の制作年が記されており、平安仏画の最高峰として、国宝に指定されています。

中央に横たわる釈迦を取り巻くように、数多くの菩薩や、羅漢達、仏弟子が描かれています。
死は永遠の別れではないと悟りの境地にある菩薩達は、穏やかな美しい表情をしていますが、まだ悟りの境地に至らない羅漢達や、仏弟子は嘆き悲しんでいます。

ある物はあたりはばからず、天を見上げて泣き叫び、ある者は身を揉むように泣き崩れ、獅子までが悲しみのあまりひっくり返って、身悶えしています。

このたくさんの登場人物がいる絵を描く時、一番苦心したのはそれぞれの肌の色の違いでした。
涅槃の釈迦は、白い中にもおのずと後光がさすような色にするため、鉛白で塗ったあと藤黄(ガンボージ)を薄くかけました。

この涅槃図は現存するものの中でも、最古の作例と言われていますが、時代が下がるにつれ、登場する動物の種類が増え、中にはカタツムリや、ゲジゲジまで書き込まれているものもあって、面白いです。

しかしなんといっても、気高いばかりの美しさは、この応徳涅槃図に勝るものはないでしょう。
posted by しまねこ at 23:07 | Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

大随求菩薩 パネルへの下書き ⑴

B61CF39A-A419-4808-B3F7-9B4B65C345A0.jpg

今回描くパネルです。
F30号で、910×727ミリの大きさです。
大きさのイメージがわかりやすいように
障子に立てかけてみました。

このパネルには鳥の子紙を下張りした上に、ドーサ引きの雲肌麻紙を貼ってあります。
ドーサ引きとは簡単に言うと、滲み止めの
ことです。
和紙には生紙と、すでにドーサ引きがしてあるのとありますが、必ずドーサ引きの物を使用しています。

ただドーサ引きの物でも、やはりドーサの
効きが悪いので、もう一度自分でドーサを
引きます。

本来ドーサ液は、水とミョウバンと、膠を混ぜて作りますが、配合も難しく大変なため、市販のドーサ液を使用しています。
20AEFBC5-B12A-4B77-8BDE-7ACE87CEC016.jpg

妻屋の物です。私は二倍に薄めた液を、二度引いています。
下の刷毛が、ドーサ引き専用の刷毛です。
必ず専用の刷毛を用意します。

ドーサ引きに関しては、詳しい手順やその意味などを詳細に記したサイトがたくさんありますので、興味のある方はご覧になってみてください。

ドーサを引く時は、なるべく晴天の湿度の低い風通しの良い日に行った方がいいです。
ドーサ液を刷毛に含ませて、必ず一定の方向に、ムラなくスッーと引いていきます。

ドーサが効きすぎると、画面がキラキラ光ったり絵の具をはじいてしまいますし、効きが悪いと滲んでしまうため、難しい作業です。
posted by しまねこ at 21:42 | Comment(0) | 制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗教美術ランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。