宗教美術ランキングへ

2014年10月21日

私と仏画

このブログを始めるにあたって、私と仏画の関わりを簡単に記しておきたいと思います。
私が仏画を描きはじめたのは、およそ20年程前のことです。それは本格的に始めてからの事であって、仏画に興味を持ったのはもっと前のことです。

私は子供の頃から、絵を描くことが好きでした。
なかでも仏像や仏画が好きという、一風変わった子供でした。
確か小学生の頃、誕生日プレゼントに姉から仏像のポケットブックをもらって、ボロボロになるまで読んでいました。

中学生になったある日、学校の図書館の美術書の中の仏画ばかり載っている巻を見て、その中の一枚の仏画に心を奪われてしまいました。

それは神護寺の「釈迦如来図」です。平安時代院政期を代表する、耽美的ともいえる美しさに、ぜひ自分でも描いてみたいと思い、見よう見まねで描いてみたのが始まりかもしれません。
もちろん拙い出来上がりでしたが、今よりもっと夢中に描いたのかもしれません。
残念ながら、その絵は手元には残ってはいませんが。

これから忘備録の意味合いも兼ねて、制作過程や使用している道具など、ぼちぼち書いていきたいと思います。

しかしなにぶん書くのが遅く、一年に一枚がやっとのありさまですので、このブログの更新も亀の歩みのようなものになると思います。

☆  本ブログに掲載の文並びに、画像の無断転載、流用等を、固くお断り申し上げます。

posted by しまねこ at 16:00 | Comment(2) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗教美術ランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。